男性

うつのトラブル解消【適切な治療を受ければ改善】

  1. ホーム
  2. 心の苦痛の改善のために

心の苦痛の改善のために

女の人

様々なタイプがあります

抗うつ剤の服用は、うつ病の治療の中心になるものです。うつ病の患者さんの脳の中では、神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの量が減少しています。セロトニンが不足すると不安感が強くなり気分が沈んでしまいます。また、ノルアドレナリンが減少すると、意欲が低下して何事もやる気がなくなります。抗うつ剤は、脳の中の、このセロトニンやノルアドレナリンの量を増やしたり、セロトニンの効果を強めたりするための薬です。主に5つの種類があり、それぞれに作用の仕方や効力が異なります。また、薬の副作用として、しばしば、便秘、のどの渇き等が現れることがありますが、それも5つの種類によって色々と変わってきます。服用する薬の種類や量は、医師が患者さんの状況に合わせて調整していく必要がありますから、治療は、絶対に医師の指導の下に行わなくてはなりません。薬の効果は2-4週間かけてゆっくりと現れてきますが、副作用の方は早く出てくることが多いので、効果が見られないのに副作用だけが現れる時期もあります。また、完全に治癒して再発を抑える為に、薬が効いて状態が安定した後も、だいぶ長い期間に渡って服用を続ける必要があります。患者さんの中には、副作用を気にして、自分で勝手に薬の量を減してしまう方や、状態が安定すると直ぐに服用を中断してしまう方もいます。このように自分の判断で、薬の服用方法を勝手に変えてしまうと、治療の効果を落とすだけではなく、体調を悪化させることがあります。実は、抗うつ剤の服用を急に中止すると、頭痛やめまい、それに、不安感等が現れることが多いのです。医師から、これで終わりですよ、と言われるまでは、指示された通りの量を継続して服用していくことが大切なのです。うつ病には大きく分けて2つの種類があります。それは、大うつ病性障害と双極性障害と呼ばれるものです。大うつ病性障害というのは、気分が落ち込こんで、何に対しても喜びを感じることが出来ないという重苦しい状態が長く続くもので、往々にして、死にたいという気持ちが、長期間強く現れます。これに対して、双極性障害は、前者と同様の沈んだ気分の状態もあるのですが、それとは逆に、異常に精神が高揚し、不自然な程に調子が良くなる状態も現れます。このような沈んだ状態と高揚した状態が交互に現れるのが双極性障害の特徴です。因みに、この2つのタイプは有効な薬がまるで異なるので、どちらのタイプなのか十分に気を付けて治療にあたる必要があります。まずは医師に正確に症状を理解してもらうことが大切です。これまでは、この2つの種類が一般的でしたが、最近、新型うつ病と呼ばれる病の患者さんが増えてきています。この新しいタイプのうつ病の特徴は、気分の浮き沈みが異常に大きいということです。気持ちが暗く落ち込む状態も現れるのですが、それが、自分の好きなことを前にすると、一気に解消してしまいます。例えば、学校に行こうとすると、気分が重くなり、疲労感が強く出て起き上がることも出来ないのですが、趣味のためならば、何ら問題なく外出することが出来ます。この病の患者さんは、周囲からは単に怠けているだけと見られてしまっていることが多いのですが、当人にとっては辛い病気で治療が必要です。病気と言う認識がないままに、周りの人から気紛れな人と捉えられ、人間関係が崩れていってしまうこともあります。気になる点がある場合は、すぐに医師の診察を受けた方が良いかもしれません。