男性

うつのトラブル解消【適切な治療を受ければ改善】

  1. ホーム
  2. 症状が2週間続いたら

症状が2週間続いたら

ハート

病院で治すことが大切

毎日の生活の中でストレスを受けることがありますが、それが解消出来ずどんどん溜まってしまうと心と体に不調が出てしまう場合があります。うつ病はストレスなど様々な要因が重なることで、脳の神経伝達物質の動きが悪くなり様々な症状が出てくる病気です。そんなうつ病をもし発症してしまった場合、精神科や心療内科で診断を受け、治療を開始します。治療が開始されると、薬物療法や精神療法など用いて治療を行います。薬物療法では抗うつ剤を中心に行われますが、この抗うつ剤は脳内環境を調整する為に効果を発揮してくれる薬です。服用することで脳内環境のバランスを整え、症状を改善することが出来ます。また、抗うつ剤は効果が大きい分副作用も出やすい薬です。その為、ドクターが症状などに合わせて最初は少量ずつ処方することがほとんどです。薬の種類によって、人知それぞれ合うもの合わないものがあり、副作用がどの程度出ているのかなどドクターが判断して量を調整してくれます。その為、最初は効果を感じにくくなってしまいますが、徐々に効果を発揮してくれるので、きちんと飲み続けることが大切です。この病気は一見分かりにくい病気ではありますが、気分の落ち込み、やる気のなさなど2週間以上続いた場合は発症している可能性があります。もし気になる症状がある場合はきちんと病院に行くことが大切です。また、通院を開始したら、きちんと完治するまで治すことが大切でしょう。この病気は再発しやすい病気でもあり、良くなったからといって自己判断でやめてしまってはきけんです。きちんとドクターの指示を守りましょう。うつ病になってしまうと通院期間が長引いてしまう場合がありますが、徐々に症状も良くなる為、きちんと通院することが大切です。また、通院期間が長引いてしまうとその費用が気になりますが、初診料で3000円から6000円程度、再診で3000円程度になります。この金額には診察代や検査代の他に薬代も含まれますが、やはり通院期間が長くなると費用的な負担が大きくなってしまうでしょう。そこで費用的負担を軽くする為に、国では自立支援医療という助成制度を設けています。この自立支援医療は精神通院医療とも呼ばれ、精神疾患により通院治療を受ける必要がある人が利用することが出来る制度です。ただし、誰でも利用することが出来る訳ではなく、うつ病や統合失調症などの性心疾患がある場合になります。これは長期的な治療が必要な病気の場合に利用することが出来る制度であり、入院は適用外になります。うつ病の場合、症状が重い場合は通院期間が長くなってしまう場合がありますが、この自立支援制度を利用することで通常であれば3割負担の医療費を1割負担にすることが出来るでしょう。この病気は、いつ誰が発症してもおかしくない病気です。また、発症してしまうと、心と体の両方に様々な症状が現れ、自分でも気付かない内にどんどん悪化してしまう場合もあります。そんなうつ病は放置せずにきちんと治療を受けることが大切です。また、ゆっくり体を休めることも症状を改善する為に大切になるので、もし発症してしまった場合は、無理に何かをするのではなくじっくり休養を取り、心と体を休ませる様にしましょう。